「GMOとくとくBB光」と「auひかり」を5項目で比較!

人気の光回線「GMOとくとくBB光」と「auひかり」を5つの項目で比較してみました。

ここでは、光回線を選ぶときの基本ベースにもなる

  1. キャンペーン
  2. 基本情報
  3. 月額料金
  4. オプション
  5. 解約金

を徹底比較しています。両サービスの良いところも悪いところも、できる限りありのままお伝えできればと思います。

どっちで契約したらいいのか迷われている方は、よかったら参考にしてみてください。


※:特段記載がない限り、価格はすべて税込表示です
※:2023年11月1日時点の情報で比較しています


「GMOとくとくBB光」と「auひかり」を5つの項目で比較しました!

1.キャンペーンで比較 キャンペーン内容で比較してみました。
2.基本情報で比較 両サービスの基本情報で比較してみました。
3.月額料金で比較 月々の支払い金額で比較してみました。
4.オプションで比較 オプションサービスで比較してみました。
5.解約金で比較 解約時の料金について比較してみました。

上記の5つの項目で、GMOとくとくBB光とauひかりを比較してみました。

知りたい内容からチェックできるよう比較項目をクリックすることで該当の見出しまで飛べるようになっています。

1.「GMOとくとくBB光」と「auひかり」をキャンペーン・特典で比較!

それではさっそく「GMOとくとくBB光」と「auひかり」のキャンペーンと特典を比較していきたいと思います。

またauひかりはプロバイダが選べる光回線で、この記事では特典豊富なGMOとくとくBB経由で申し込んだ場合で紹介しています。

なおauひかりのキャンペーンは、ネット+電話同時申し込みの場合のみ適用となります。

GMOとくとくBB光 auひかり
KDDI特典 GMO特典
申込開通でキャッシュバック 5,000円 最大82,000円※1
違約金・残債をキャッシュバック 一律35,000円 最大30,000円分還元
オプションの加入特典
(同時申込の場合)
GMOひかりTV:10,000円
GMOひかり電話:6,000円
auひかり電話:最大19,250円割引
初期費用の割引 新規工事費の実質無料
※36ヶ月間分割払い相当を値引
新規工事費の実質無料
※35回または23回分割払い相当を値引
その他の特典 スカパー!新規同時申込でテレビ接続工事料が無料
スマホのセット割 セット割加入で最大1万円分のauPAY残高還元

※:キャンペーン特典内容の詳細や条件等は公式サイトで確認してください
※:キャンペーンや特典の内容は予告なく変更・終了する場合があります
※:土日祝工事やオプション工事などの費用は別途かかります
※1:ホームタイプ、ギガ得プラン・ずっとギガ得プランの場合


まずはキャンペーン特典を比較してみましたが、光電話の同時申込を検討しているならauひかり、それ以外ならGMOとくとくBB光を選ぶといいかなと思います。

なぜならauひかりのキャンペーンは、auひかり電話の加入が必須となっているからです(初期費用の割引は除く)。

なので、auひかり電話同時申込を前提としている人ならとってもお得ですが、それ以外ならメリットが少なく逆にGMOとくとくBB光のほうがお得なのです!

よって、GMOとくとくBB光とauひかりのキャンペーンを優先して選ぶなら、光電話加入あり・なしで決めるといいでしょう!

2.「GMOとくとくBB光」と「auひかり」を基本情報で比較!

つぎにGMOとくとくBB光とauひかりの基本情報で比較してみたいと思います。

GMOとくとくBB光 auひかり
提供エリア フレッツ光またはフレッツ光クロスと同じ 日本全国(一部除く)
提供プラン 10G / 1G 10G / 5G / 1G
回線タイプ 光コラボ au独自回線
契約事務手数料 3,300円 3,300円
新規工事費用※1 最大26,400円
特典により毎月割引
最大41,250円
特典により毎月割引

※1:代表的な工事の場合で、土日祝日の派遣工事やオプション工事等には追加費用あり。途中解約は残債請求あり


基本情報を比較してわかること、それは回線タイプが異なるということです。

一般的に独自回線のほうが光コラボに比べ回線速度が速いと言われています。

その理由の1つに利用者数があります。

たとえば、GMOとくとくBB光は光コラボなので、回線自体はNTTのフレッツを利用しています。

フレッツといえばコラボ光含め契約者数は2023年3月末時点で約2,358万件(出処:NTTグループ)。一方auひかりの同時期の契約者数は約518万件(出処:KDDI)。けっこう差があるんです!

だからといってGMOとくとくBB光のほうが遅いとは限りませんし、auひかりのほうが速いとも言い切れません。環境によります。

ただこの差を気にする人もいるのは事実で、あなたが利用者数を気にするならauひかりを選ぶといいかもしれませんね。

3.「GMOとくとくBB光」と「auひかり」を月額料金で比較!

ここからは、GMOとくとくBB光とauひかりの月額利用料について1ギガプランで比較していきます。

GMOとくとくBB光 auひかり
契約期間 縛りなし 戸建のずっとギガ得プラン:3年
集合住宅で標準プラン以外:2年
月額料金(戸建) 4,818円 ずっとギガ得の場合:5,610円~
月額料金(集合) 3,773円 タイプV16契約以上場合:4,180円~

※:auの月額料金には、プロバイダ料・機器レンタル料・ひかり電話基本料が含まれます


月額料金を比較してみて、安くて気軽なのはGMOとくとくBB光と言えるでしょう。

その理由は縛りがなく月額もシンプルに安いからです。

まずはご自身の環境で使ってみないとわからないので、気持ち的にラクなのはGMOとくとくBB光を選ぶメリットとも言えるでしょう。

回線が安定しているのか見極めたいなら縛りのない光回線はオススメですね^^

4.「GMOとくとくBB光」と「auひかり」をオプションで比較!

光回線事業者ごとに様々なオプションが提供されていますが、ここでは人気オプションをピックアップし比較していきたいと思います。

GMOとくとくBB光 auひかり
ひかりTV 月額:825円~ 月額:550円~
ひかり電話 月額:550円~ 月額:550円
特典により最大35ヶ月無料
WiFiルータ 1Gルータ:無料レンタル
10Gルータ:390円/月
1Gルータ:プレゼント
中継機・メッシュWiFi おかわりルータ(1Gのみ):3,300円/台
セキュリティ マカフィー最大3ヶ月無料
4ヶ月目以降:550円/月
マカフィー最大3ヶ月無料
4ヶ月目以降:550円/月

※:必要時に応じてオプション工事費が別途かかる場合があります
※:光電話には通話料やユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料が別途必要です


オプションの比較を見てもらいましたが、ほとんど違いはありませんでしたよね。

ただ、今現在はauひかり(正確にいうとプロバイダのGMO特典)でキャンペーンを実施していて、光電話の月額料金が約3年間無料。

金額にして19,250円相当節約できるのです!

光電話の申込を検討しているならネットと同時申込がお得なので、この機会にauひかりにするのもありだと思います。

5.「GMOとくとくBB光」と「auひかり」を解約金で比較!

ここからは、解約金で比較していきます。

光回線事業者により「契約解除料」や「解約違約金」とも呼ばれていますが、ここでは解約金に統一して解説していきます。

GMOとくとくBB光 auひかり
1Gプラン(戸建住宅) 0円 ギガ得:4,460円
ずっとギガ得:4,730円
1Gプラン(集合住宅) 0円 お得プランA:2,290円
お得プラン:2,730円

※:GMOとくとくBB光に最低利用期間はありません


最低利用期間のないGMOとくとくBB光と、契約期間のあるauひかりなので、これくらいの違いにはなりますね。

とはいっても、月額にしてひと月分程度なので決して高いわけではないと思います。

ただしGMOとくとくBB光は36回払いで工事費を毎月割引、auひかりは契約年数で工事費を毎月割引するため、解約時によっては工事費の残債が一括請求される場合があります。

どちらで契約するにしても工事費の残債は頭に入れておきましょう!

「GMOとくとくBB光」をおすすめの方はこんな人!

  • 縛りなしなのが魅力
  • ネット回線を乗り換えたい
  • 月額料金がずっと安いのが魅力
  • 利用者数の多い回線のほうが安心
  • 光テレビの同時申込を検討している

上記のように感じているなら、GMOとくとくBB光はオススメできます。

GMOとくとくBB光はなんといっても、月額料金がずっと安く縛りがないシンプル設計が特徴の1つ。

NTT東西のフレッツを利用しており、日本全国どこでも利用できるのも魅力です(一部除きます)。

GMOとくとくBB光の口コミでは、ポジティブな意見も多く見られます。

興味があれば、一度公式サイトをチェックしてみるといいかもしれません。

「auひかり」をおすすめの方はこんな人!

  • スマホはau(またはUQ)を使っている
  • 光電話の同時申込を検討している
  • KDDI独自の回線に興味がある
  • KDDIブランドに安心感がある
  • 1ヶ所で長く利用したい

上記のように考えているなら、auひかりはオススメできます。

というのもauひかりの口コミでは、回線の速度や安定感について肯定的な意見が多く聞かれます。

これはKDDIの独自回線ということが影響しているのかもしれません。

「長く契約したい」
「乗り換えは面倒」

という方なら一度、キャンペーンサイトを覗いてみてもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか。今回はGMOとくとくBB光とauひかりの違いを5項目で比較してみました。

GMOとくとくBB光は、auひかりと比較する方も多いのですが、実は独自回線つながりでNURO光とも比較する人が多かったりします。

(安さと独自回線どっちを選ぶか?ってことですね^^)

ということで、GMOとくとくBB光とNURO光の比較もまとめてみました!興味があれば合わせてチェックしてみてください。

GMOとくとくBB光とauひかりを比較解説
最新情報をチェックしよう!